PC延命(実質更新)

[背景]
ある日の事。クーラのきいた部屋で気持ちよくHOI4で遊んでおりました。すると突然ハードウェアがハングアップ。長時間動かしていたからなあ、と思い再起動すると、直後に再び固まりました。thilmera7でCPU・GPU温度を監視していましたが、大騒ぎするような温度では無かったのですが・・・・・。

そこからはメモリを入れ替えようが、CPUクーラを替えようが、CMOSリセットしようが、予備のグラフィックボードに替えようが、EPSONロゴは表示されず再起動を2回繰り返し、以後アイドル状態になるだけの箱になりました。メモリを抜くとBEEPが鳴り、ASUSOEM(たぶん)とすると、ちゃんとメモリがない事は認識している様です。

当初は電源を疑い入れ替えたものの症状変わらず、諦めてCPU・マザーボード・メモリを購入する事にしました。EPSONは悪い癖が無さそうなケースなので、使いまわしています。MR7400はMicroATX規格のケースなので、少し悩んでからRyzenで組む事にしました。


[仕様]
CPU:RYZEN5 3500
MB:ASUS TUF B450M-PLUS GAMING
メモリ:CFD販売 W4U2666PS-8GC19
電源:CoolerMaster MPE-5501-ACAAB-JP(80 PLUS Bronze 550W)

折角なのでケースファン等、細かい所も更新。一時期高額サポート費用で話題になった某PCショップも、地方都市ではお値段・品揃えそこそこで助かりました。通販も今はそんなに安くないですし・・・。


[組立]
臓物の撤去と掃除は、手間がかかるだけで難しい事ではありませんでした。
MBにCPUを取り付け、いざクーラー(リテールのWaith STEALTH)を取り付けようという所で1つ目の沼。車のホイールと同じで対角線に少しずつ締めて行くのですが、あちらが入るとこちらが浮くというドハマりでした。落ち着いて慎重にやれば大丈夫なんでしょうけれども。

ケースのインタフェースは可能な限り利用する方針でしたが、フロントのUSB2.0とカードリーダー(当該コネクタ無し)・フロントのオーディオ(挿したが認識しない)は諦めました。バックパネルはMB付属品がそのまま入ります。電源の未使用ケーブルが邪魔でケース内フローが悪そうだったので、標準の3.5in.マウンタ周りを撤去。使えなくなったカードリーダー用スペースにSSDを移動しました。

ここで2個目の沼。BIOSも何も表示されず再起動モードです。まさかと思い、使いまわした RX550 を R7 240 へ交換すると無事起動。再びグラフィックボードを買いに走るのでした。予算も乏しいですし、ドライバ入れ替えが面倒なので再びRX550にしました。まさか2か所同時に壊れるとはねえ・・・・。
ちなみにグラフィックボードは壊れたのと同じ、玄人志向のRD-RX550-E2GB/OCです。1年保証が切れた素晴らしい(?)タイミング。同じものを購入したところ初期不良を引いたので、MSI GeForceGT 1030 2G LP OCになりました。

f:id:nsaeki:20200821232510j:plain
電源の向き、逆です(この向きだとファンが上向き)

グラフィックボードを替えて無事起動。MB付属のドライバ類を入れて、intelラピッド・ストレージ・テクノロジー等を削除して一息つきます、Radeon Softwareの更新は失敗(エラー1604)、Radeon WattManは"Default Radeon WattMan settings has been restored due to unexpected system failure"とエラーを吐き、セーフモードでDisplay Driver Uninstallerを使って古いドライバを消すも安定せず。おまけに数分おきにWin10が再起動し再び深い沼へ。チップセットのドライバを入れ替えても落ち着かず、やっちまった感満載でした。


[沼から出る]

f:id:nsaeki:20200821232525j:plain
日本語対応です

BIOSを最新のものにアップデートする
BIOSのアドバンスドモードのBootから、高速BootをDisableにする
・Ai Tweakerのメモリー周波数はAutoにしない(周波数指定する)
・CPU Core Ratioを確認する(Ryzen5 3500なのに、CPU Core Ratioが39.50だった・・・何故?)
・新品でも、初回起動時にBIOSを「工場出荷時にリセットして保存」する
・グラフィックボードのドライバは最新のRadeon Software2020ではなく、付属CDの2019を使用する
・古いグラフィックボードのドライバは、Display Driver Uninstaller等で削除する

f:id:nsaeki:20200821232514j:plain
カラフル(蓋をすると見えない)

とりあえず今のところは安定しています。Core i5-6500からRyzen5 3500なのでだいぶ快適ですね。GAME用マザーボードのカラフル照明は要らないと思っていますが。

メインPCのSSD化

PC:Epsondirect MR7400
OS:Win10Home-64bit
HDD:SEAGATE (2TB、SATA3.0、7200rpm) ST2000DM001
SSDSanDisk SSD Ultra 3D(2TB、SATA3.0) SDSSDH3-2T00-G25
HD Benchmark Soft:Crystal DiskMark6.0.2-x64

 


[事前確認]

f:id:nsaeki:20190720165736p:plain

1.スタートメニューを右クリック→ディスクの管理

f:id:nsaeki:20190720165658p:plain



2.下段左側で現在使用中のディスクを右クリック→プロパティ→ボリューム、からパティションのスタイルを確認
 ([GPT] or MBR)

 


[接続]
1.適当な空きSATA or SATA-USB変換アダプタでSSDを接続
 今回はあまり確認せず変換アダプタを買ったら危険なレビューが散見されたので、内臓BDを外してSSDを接続

f:id:nsaeki:20190720165623p:plain



2.ディスクの管理→下段の「未割り当て」ディスクを右クリック→ディスクの初期化(自動で表示されるかも)
3.追加したSSDのステータスが不明からベーシックになったのを確認、右クリック
3.新しいシンプルボリュームウィザードの開始→シンプルボリュームサイズは最大ディスク領域と同値(自動)
4.ドライブ文字またはパスの割り当て→次のドライブ文字を割り当てる(ドライブレターは適当でOK)
5.このボリュームを次の設定でフォーマットする→NTFS・規定値・(ボリュームラベルは適当)・クイックフォーマット
6.フォーマット完了を待つ

f:id:nsaeki:20190720165712p:plain



7.EaseUS Todo Backup Freeをインストール、起動(今回はEaseUS Todo Backup Free 11.5)
8.左の縦長メニューから、クローン→ソース(コピー元のディスク)→ターゲット(コピー先のディスク)

f:id:nsaeki:20190720165913p:plain

9.高度なオプション→SSDに最適化→次へ→実行(約2TB中、41%使用で2hrくらい)

f:id:nsaeki:20190720165953p:plain

 起動前後を比べても、見えないパティションの大きさがコピー元・コピー先でぴったり同じにならない?
 気にしなくても起動する、起動後ドライブレターをいじる必要も無し


[仕上げ]
1.HDDを取り外してSSDに差し替え
(3.5in.ベイはフロント側2か所・左側面2か所のボルトを緩めると、ゴッソリ外れる)
2.ついでにケース内を掃除(ファン類・・・特にビデオカード)
3.何も考えずケースを戻してハーネス類を原状復帰、そのまま起動(はやい)

 


[交換前後の比較]

f:id:nsaeki:20190720170219p:plain

これが

f:id:nsaeki:20190720170228p:plain

こうなった


[おまけ]

f:id:nsaeki:20190720170344j:plain

パッケージが小さくてビビる(そして比較対象のDVDがアレ)

大和

http://www.diablock.co.jp/nanoblock/catalog/c_cat4/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B5%B7%E8%BB%8D-%E6%88%A6%E8%89%A6-%E5%A4%A7%E5%92%8C
ナノブロックが出てから10年近く経ちますが、ようやく手を出しました。












ピンセットに頼りつつ、取説とにらめっこ(序盤は、端から幾つ目の・・・・・と数えながらやるので手間取る)すること数時間で完成しました。気が向いた時に少しずつ手を付けていましたが、休日に勢いで組めば5〜6時間で完成しそうです。もっとも、ブロックの細かいズレ(裏を見ると分かりますが、構造上、組み合わせた後にスライドさせることができる=ズレてしまう)を気にし始めると、時間がかかるようになります。

主砲は「頑張ってるな」と思いますが、プラモの感覚でいると限界を感じます。自由に組み替えて「こうしたらどうなるかな?」「アレを再現できないかな」とやるのが楽しいですね。余りパーツで水雷艇を作るとか。

手を付けるまでは「この後は、キットやセットを幾つか買い込んで色々やるぞ!」と意気込んでいましたが、すっきりしてしまったので暫くいいかなと。

懐かしさ

「昔 通ったところ・遊んだところに行っても、当時の自分が帰ってくる訳ではないのだ」と解っていても、考えてしまうのです。

単純な処理能力や行動力は衰え気味ですが、良くなった見切りでカバーというのも、あまり面白いものではありません。



「余計な事を考えない様に、仕事やら過程やら趣味やらで忙しくしておけ」というのは正解かも知れません。

Windows7→Windows10メモ

ハード買替
Windows7(64bit)→Windows10(64bit)
・CANOSCAN 5200F:Windows7(64bit)用ドライバで認識(ScanGear CS Ver10.1.6.0a_64)
・MultiWriter 5600C:同上(標準プリンタドライバVer.2.6.16)

Susie:(ver0.50 beta3)
GIMPWinAMP、MultiMovie:○

Luminox電池交換

4年以上使ってきましたが、電池が切れたので交換しました。

特別な思い入れも無く、並行品なので自前で交換。メーカ交換の場合は防水・耐圧試験がされる様ですが、元々この程度の作りなので10kYenなんて馬鹿馬鹿しくて払っていられません。

Oリング1個、ビス4本で本当に20atmまで耐えられるのかしら?と思わずには居れません。定価で買っていたら良い気はしない中身です。安く買って使い潰すのが、ミリタリーウォッチらしくて良いのかなと思います。

電池:Panasonic SR927SW (500JPYくらい)